|名古屋掖済会病院
HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

お知らせ

 

和温療法の導入について

慢性心不全に対して従来の治療法に加え、新たに和温療法を導入しました。和温療法は元鹿児島大学 鄭忠和教授が考案された治療法で、60℃の乾式遠赤外線サウナ浴で全身を15分間保温し、さらに30分の安静保温で和温効果を持続する治療法です。患者様は苦痛を伴わず簡便に治療を受ける事ができ、心身のリフレッシュにもなります。まずは重症な心不全患者様を対象に治療を行っていきたいと考えています。

寄贈者 : 安城市医師会 会長 藤井康彰先生 (藤井内科胃腸科)