HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

手外科・マイクロサージャリーセンター

 

手外科・マイクロサージャリーセンター

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 太田 英之 

切断された指の再接着をはじめとする、重度手外傷の治療を行っております。手の治療は手術のみならず、術後の後療法(リハビリテーション)が非常に重要で、手のリハビリに特化したスタッフが常駐し対応しております。また、外傷以外の神経の障害によるしびれや腱鞘炎による痛みの治療、 加齢に伴う変形性関節症をはじめとする手疾患(手の病気)の治療も行っております。

 

 

患者さんへのメッセージ

⼿外科において指や⼿くびの⾻折の治療をはじめ痛みやしびれの原因となる腱鞘炎や末梢神経障害の治療など幅広く診療を⾏っております。⼿は⽣活するうえで⾮常に重要な器官ですので症状がでましたら進⾏する前に早めの受診をお勧めします。

 

 

チカラを合せてチーム医療

手の外傷は、日常生活動作に大きな影響を及ぼします。手外科の治療は、術後の管理も非常に重要です。患者さんごとに外傷の形態も様々であり、画一的な対応では難しい場面もありますが、入院中は看護師をはじめとする病棟スタッフが当科で蓄積した経験を活かした対応をしております。また、⼿外科のリハビリは、ハンドセラピストと呼ばれる専⾨の作業療法⼠が⼿指の訓練を⾏うことで早期の機能回復を⽬指しています。各部門のスタッフが専門性を活かした上で個別化を図った医療を提供しています。

 

 

医療関係者へのメッセージ

これまで整形外科として、切断指の再接着や重度の手外傷治療を行なってきましたが、その特殊性と専門性を内外に周知していただきやすいよう、この度、「手外科・マイクロサージャリーセンター」を標榜いたしました。従来通り、手の開放損傷や緊急手術を要すると思われる患者さんの対応と、急性期を脱した患者さんでも治療方針について迷われている場合や、手の慢性疾患の患者さんの相談や治療にも対応いたします。連携医療機関から、医療連携枠として手外科専門医師の予約確保が可能ですので、ぜひご利用、ご活用ください。
 

医師の紹介
職名 氏名 卒年 資 格 名
部長 太田 英之 2003年 日本整形外科学会専門医
臨床研修指導医
日本手外科学会専門医
医長 藤原 祐樹 2006年 日本整形外科学会専門医
丹羽 智史 2007年 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
臨床研修指導医