HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

消化器外科

 

消化器外科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 加藤 祐一郎

当科では消化器悪性腫瘍の治療(食道がん、胃がん、大腸がん、胆道がん、膵がん、肝臓がん、転移性肝腫瘍)、消化器の良性腫瘍(GIST、カルチノイド、腺腫、神経内分泌腫瘍など)、胆石症、総胆管結石、内痔核/外痔核、痔ろうなどの消化器の良性疾患の治療、大腸憩室炎、急性虫垂炎、腸閉塞などの急性腹症、腹部外傷の外科治療に力を入れております。

 

 

患者さんへのメッセージ

画一的な手術ではなく、患者様ひとりひとりの状態に最適な手術法を選択するように心掛けております。特に消化器がんの治療に対しては、患者様ひとりひとりにあわせたテーラーメイド治療(個別化治療)を目指しております。悪性疾患の治療に対しては進行したがん患者様には進行の程度に合わせた適正な手術、また、各診療科の協力の下で拡大手術/化学療法/放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っております。一方、早期のがんや一部の進行したがん患者様には各種臓器の機能温存をめざした低侵襲な治療(縮小手術、鏡視下手術など)を行っております。

最近では各種疾患に腹腔鏡手術も積極的に取り入れております。この手術はお腹にカメラを挿入し、テレビモニターを見ながら手術を行うのですが、大きな傷をつける必要がないため、患者様の負担や痛みが軽減されるとともに術後の回復が早く、患者様の多くのメリットがあります。この腹腔鏡手術は胃がん、大腸がん、消化管の良性腫瘍、胆石症、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎、副腎腫瘍、脾臓腫瘍などで行っています。

おわりに、患者様がご自身の病気や治療のことをしっかりと理解したうえで安心して治療を受けて頂くために患者様との対話を大切にしております。病気や治療のことでさらに詳しいことがお知りになりたい場合は、ご遠慮なくご相談ください。そして、病気に打ち勝つには、患者様とわれわれ医療スタッフが一丸となって病気に立ち向かっていくことが必要不可欠です。必要な時にはわれわれ医療スタッフが患者様の手となり足となり支えます。ぜひ我々とともに病気に打ち勝ちましょう。

 

 

チカラを合せてチーム医療

当院は各診療科間・各職種間のチームワークが非常によいことが特徴であり、消化器疾患(悪性腫瘍/良性腫瘍/炎症性疾患)、急性腹症の診断/治療には消化器内科・外科・消化器外科・救急科と連携して診療にあたっています。特に消化器疾患の治療方針決定には、これらの診療科の医師が参加するカンファレンスにて話し合われます。また当院は他の合併疾患(虚血性心疾患、慢性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病など)を併存している場合でも、経験豊富な心臓外科、循環器科、呼吸器科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、麻酔科のスタッフがそろっており、安心安全な治療が受けられる体制が整っております。当院のモットーであるえきさい(導き、たすける)の精神に基づき、入院・外来の患者様一人一人の求めるものにこたえられるように医師・看護師を中心としたコメディカルスタッフ一丸となり診療にあたっております。

 

 

医療関係者へのメッセージ

当科では日本外科学会指導医/専門医、日本消化器外科学会指導医/専門医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本食道学会食道科認定医、日本胆道学会認定指導医の各種専門医資格を有した消化器外科のエキスパートの指導のもと、安心かつ安全な手術を心掛け、各種消化器疾患に対する標準手術だけではなく、専門的知識・技術が必要な低侵襲手術から拡大手術も行っております。当科の2015 年の年間総手術症例数は1115 件であり、そのうち約80%が消化器外科の症例です。代表的な手術としては胃切除56例、結腸直腸切除150 例、肝切除24 例、膵切除10例、胆のう摘出術129例、虫垂炎・腹膜炎手術149例、腸閉塞手術69例、人工肛門造設術40例、痔核・痔ろう手術31例と名古屋市内の病院の中でも有数の症例数を誇ります。最近は、患者様への負担が少なく、回復の早い腹腔鏡下手術にも力を入れております(2015年の腹腔鏡下手術総数は194例)。もちろん根治性が失われてはいけませんので、各種疾患のガイドラインにそって適正な疾患・病変を対象に保険収載されている手術のみを安全に行っております。2016年10月以降は日本内視鏡外科技術認定医の指導のもと腹腔鏡下肝切除、膵切除も導入予定です。

また、各種手術に対するクリニカルパスや地域医療連携パス、外来化学療法センター、緩和病棟、がん相談支援センター、セカンドオピニオン外来などがん治療に関わる多くの環境も充実しております。それとともに近隣の病院・診療所・福祉施設の方々のご協力のもと、非常に良好かつ堅固な連携体制を築いておりますので、急性期治療を終えた後にも療養が必要な患者様に対しても万全の体制が整っております。

急性腹症、腹部外傷など緊急手術が必要と予想される患者様はもちろん、少しでも消化器疾患の疑わしい患者様は24時間体制で受け入れておりますので、お気軽にご紹介いただけると幸いです。

 

医師の紹介

職名

氏名

卒年

資 格 名

部長

加藤 祐一郎

1997年

日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本肝胆膵外科高度技能指導医
日本内視鏡学外科学会技術認定医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構認定医
日本胆道学会認定指導医
臨床研修指導医