HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

健康管理科

 

健康管理科

診療科の紹介

主な活動

部長 安藤 麻紀

健康管理科では①病気の早期発見を目的とした健康診断・人間ドック ②なかなかタバコが止められないという方に対する禁煙外来 ③肺炎球菌ワクチンをはじめとした予防接種という大きく分けて3つの活動を行っております。

禁煙外来は毎週木曜日午後に行っておりますので、ご希望の方はご相談ください。

 

 

患者さんへのメッセージ

健康診断では生活習慣病のチェックやがんなど病気の早期発見、人間ドックではより精密な検査を受けることで健康診断だけでは見つけにくい病気の早期発見を目的としています。健康に自信をお持ちの方でも自分で気づかないところで病気になっている可能性もありますので、年に1回は定期健診を受けることをお勧めしております。また特定の病気にかかっており病院に通院されている方でも、他の病気を発見するきっかけにもなりますので定期的に健康チェックを行い、病気の早期発見や重篤な病気になる前に予防できるように努めてまいりましょう。健康状態を正しく知ることで、生活スタイルを見直したり生活習慣病を予防したり、健康を増進することにもつながります。健康診断は事業者に義務付けられているため、仕事をされている方の受診率は高くなっておりますが、主婦や仕事を引退した方もぜひ定期的な健康チェックを受けるようにしてください。

当院では入学検診、企業の定期健康診断、船員の健康診断を行っております。また健康診断・人間ドック・特定部位の検診など様々なコースをご用意しておりますので、ご自身のお身体や主治医と相談した上でお申し込みください。

 

 

チカラを合せてチーム医療

毎週水曜日・金曜日に脳ドックを行っておりますが、脳の専門家である神経内科の医師が診断を担当しているうえ、神経内科でカンファレンスを行い複数の医師が診断に関わるため高い精度を誇っています。乳がん検診・子宮がん検診についても専門の医師が診察・診断を行いますので安心して当院の健康診断・人間ドックを受けていただければと思います。

また各種検査は医師・看護師・臨床検査技師・放射線技師・事務員など多職種が連携しながら行っております。

 

 

医療関係者へのメッセージ

健康管理科ではクリニックから気管支ぜんそくを患っている患者さんの肺機能検査について依頼を受け付けており、検査データの結果を開業医の先生にフィードバックしております。

地域で活躍される開業医の皆様にお願いしたいことは、お子様や家族のお世話をされている主婦やお仕事を引退されている方たちに定期的な健康診断を呼び掛けていただきたいということです。診断名がついている治療については手厚くフォローしていただいていると思いますが、現段階で症状がなく診断名がつけられない部分の診療は保険適用外になってしまいますし、専門以外の病気に気づけないケースもあるかと思います。もちろん診療の過程で病気を見つけた場合、専門科にご紹介いただいておりますが、早期発見に繋げるためにも「年に1回は総合的な健康診断を受けて健康チェック」を患者さんにお声がけいただければ幸いにございます。

 

<禁煙外来について>

毎週木曜日の午後に禁煙外来を行っております(要予約)。当院の禁煙外来では一定の要件を満たした患者さんは保健診療で治療を受けることができ費用の負担も少なくなります。患者さんのお話を丁寧に伺いながら、禁煙のハードルを乗り越えるための指導を行ったり、禁煙の治療薬の処方をしており禁煙の成功率を高めるお手伝いをしております。特に糖尿病・心疾患・肺疾患の患者さんは禁煙が必要です。どうぞご相談ください。

 

医師の紹介

職名

氏名

卒年

資 格 名

部長

安藤 麻紀

1991年

日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
日本呼吸器学会専門医
臨床研修指導医

医務嘱託

井口 光孝

2002年

日本内科学会認定総合内科専門医
日本感染症学会認定感染症専門医
ICD(Infection Control Doctor)
認定産業医
臨床研修指導医

健診事業

人間ドック

Bコース(胃主体)

B2コース(大腸主体)

(オプション検査あり)


脳ドック


労働安全衛生法健康診断(雇入れ、定期健診)


名古屋市がん検診、各種検診あり

詳細は健康管理科までお問い合わせください


人間ドック

人間ドックのご案内

コース・料金


ご予約が必要です。お問い合わせは、健康管理科までご連絡ください。(平日14:00~16:00)



コース

料金(税込)

Bコース(胃主体)※

37,800円

B2コース(大腸主体)

37,800円

※ 胃カメラに変更の場合は、1,500円追加料金が必要となります。


検査時間

8:00~12:00


オプション検査

検査項目

検査内容

料金(税込)

子宮癌検診

婦人科診察+細胞診

5,940円

乳癌検診

マンモグラフィ+視触診※1

7,560円

乳癌検診

乳腺超音波+視触診※2

5,400円

乳癌検診

マンモグラフィ+乳腺超音波+視触診※3

10,800円

腫瘍マーカー検査

CEA、CA19-9、AFP

6,050円

エイズ検査

HIV抗原抗体

2,920円

骨粗鬆症検査

骨密度

1,510円

頭部CT

12,310円

腹部CT

15,340円

胸部CT

16,100円

腹部超音波検査

5,940円

胃透視検査

12,620円

注腸検査

18,690円

血圧脈波伝播速度

動脈硬化検査

3,140円

※1 マンモグラフィ撮影後の視触診は撮影後、1週間後以降に行います。

※2、3  乳腺超音波検査は月曜日の14:00~

※2、3  乳腺超音波検査後の視触診は検査後、1週間後以降の月曜日に行います。

人間ドック検査項目一覧

検査項目

検査内容

Bコース

B2コース

(胃主体)

(大腸主体)

料金(税込)

37,800円

37,800円

問診

問診 聴打診

身体測定

身長 体重 肥満度 体脂肪率 腹囲測定

血圧測定

血圧測定

視力測定

視力測定

眼底検査

眼底検査

眼圧検査

眼圧測定

聴力検査

オージオメーター(1KHz ・ 4KHz)

肺機能検査

肺活量

胸部X線検査

直接撮影

胃部X線検査

胃内視鏡検査は、1,500円の追加料金が必要になります。


(選択可)

胃内視鏡検査

注腸検査

注腸透視撮影

腹部超音波検査

腹部超音波

尿検査

蛋白、 糖、 尿潜血

便検査

潜血反応

心電図

安静時12誘導心電図

血液検査

貧血

赤血球、血色素、ヘマトクリット、白血球、血小板、

肝機能

GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP、アルブミン

コリンエステラーゼ、ALP、LDH、総蛋白、総ビリルビン

脂質

中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール

糖代謝

血糖、HbA1c

腎機能

尿素窒素、クレアチニン

膵機能

アミラーゼ

痛風

尿酸

肝炎

HBs抗原・抗体、HCV抗体

炎症、感染症

梅毒、CRP、RF(リウマチ検査)(女性のみ)

前立腺がん

PSA(50歳以上の男性のみ)

血液型

血液型(A、B、O、Rh)

腫瘍マーカー

CEA、AFP、CA19-9

喀痰検査

喀痰細胞診

歯科

デンタルチェック(虫歯、歯石、歯周病など)

労働安全衛生法健康診断検査項目一覧

平成26年4月

検査項目

検査内容

定期健康診断

雇入時健康診断

40歳未満
(35歳を除く)

35歳及び
40歳以上

料金(税込)

9,140円

16,040円

16,040円

問診

問診 聴打診

身体測定

身長 体重 BMI 腹囲測定

血圧測定

血圧測定

視力測定

視力測定

聴力検査

オージオメーター(1KHz ・ 4KHz)

胸部X線検査

直接撮影

●※

尿検査

蛋白 糖 尿潜血

心電図

安静時12誘導心電図

血液検査

貧血

赤血球、血色素

肝機能

GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP

脂質

HDLコレステロール、LDLコレステロール

中性脂肪

糖代謝

血糖

※胸部X線所見で医師が必要と判定した場合は、喀痰検査を実施します。
その場合は、3,370円の追加料金がかかります。

検査時間 : 9:00~12:00

予約制で行っております。 お問い合わせは、健康管理科までご連絡ください。(平日14:00~16:00)

脳ドック

脳ドック

脳ドックは、症状のない方にMRIという磁気を用いた装置で脳の病気の早期発見および予防を行うことを目的としています。


こんな方にお勧め

  • 脳疾患が気になる方
  • ご親族に脳卒中の罹患者がおられる方
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などの脳卒中危険因子を有する方


検査内容

  • 頸部血管超音波検査
    頸動脈の動脈硬化性変化の有無を調べます。
  • MRI検査
    脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脳萎縮等の有無を調べます。
  • MRA検査
    脳動脈瘤などの脳血管病変を調べます。


結果説明
検査実施後に、神経内科医師が結果について説明致します。
後日複数の神経内科医師が検討を行い、報告書を作成致します。
報告書は、1~2週間後に郵送致します。


実施日

水曜日と金曜日の13:00~
予約制


料金
36,720円


申込方法
お電話での申込みを受付しております。
TEL:052-652-7711(代表) 健康管理科とお伝えください。
予約受付時間:平日14:00~16:00

PET-CT検診

PET-CTとはPET(Positron Emission Tomography:陽電子断層撮影法)とCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影法)が一体となった装置でCTの画像情報にPETの画像情報を組み合わせる事が出来る検査です。


PET検査の原理

ブドウ糖とよく似た微量の放射線を出す薬剤(FDG)を体内に注射し、がん細胞が正常細胞より多くのブドウ糖を必要とする特性を利用して、がんの存在を発見する事ができます。一度に広範囲を検査することが可能です。

こんな方にお勧め

  • 長年喫煙された方、またはそのご家族
  • ご家族にがんの多い方
  • 全身のがんの有無を調べたいという方


検出されやすい「がん」

  • 頭頚部がん(咽頭・喉頭・甲状腺・舌)、肺がん、食道がん、大腸がん、子宮がん
  • 悪性リンパ腫
  • 転移・再発のがん


検出されにくい「がん」

  • 脳腫瘍、早期胃がん、肝細胞がん、
  • 泌尿器系の悪性腫瘍(腎臓、尿管、膀胱、前立腺)
  • 1㎝未満のがん


コース

料金(税抜)

検査項目

PET-CT検診

90,000円

PET-CT

PET-CTがん検診(男性)

105,250円

PET-CT、腫瘍マーカー(AFP、CEA、CA19-9、Pro-GRP、シフラ、PSA)

PET-CTがん検診(女性)

105,430円

PET-CT、腫瘍マーカー(AFP、CEA、CA19-9、Pro-GRP、シフラ、CA125)


申込方法
健康管理科窓口で申込みを受付しております。
 予約受付時間:平日14:00~16:00

禁煙外来

診察日

毎週木曜日 13時30分から16時まで、完全予約制で診療を行っています。

名古屋掖済会病院では、禁煙治療開始前に看護師が面談を行い、禁煙治療について説明を行っています。診察日は、面談時に決めています。面談の予約は、健康管理科窓口もしくは電話でお申し込みください。

禁煙治療保険診療をご希望の患者さんへ

喫煙は、単なる習慣や嗜好ではありません。ニコチン依存症という治療が必要な病気です。
当院では保険を使って禁煙治療を行っています。保険による禁煙治療は、以下の条件を満たすことが必要になります。

  1. ニコチン依存度テストが5点以上
  2. 喫煙指数(ブリンクマン指数:1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
  3. 直ちに禁煙することを本人が希望していること
  4. 禁煙治療について説明を受け、文章により同意をしていること

上記を満たさない場合は自費での診療となります。
過去に保険診療で禁煙治療を受けた方は、前回の初回診療日から1年経つまで保険診療ができません。

ニコチン依存度テスト

設問内容

はい
1点

いいえ
0点

問1

自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?

問2

禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?

問3

禁煙や本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?

問4

禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)

問5

問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?

問6

重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?

問7

タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?

問8

タバコのために自分に精神的問題(※)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?

問9

自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?

問10

タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

合計

※(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抗うつなどの症状が出現したりしている状態。

治療内容

  • 診察日
    初診、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計5回です。
  • 診察・カウンセリング
    医師が診察し、その後に看護師がカウンセリングを行います。
  • 禁煙補助薬
    禁煙補助薬は、ニコチンパッチとバレニクリン(チャンピックス)があります。
    ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ皮膚に貼る薬で、禁煙時に出現するニコチン離脱症状を緩和します。バレニクリンは、ニコチンを含まない飲み薬で、禁煙に伴う離脱症状を和らげると同時に、喫煙から得られる満足感を抑制します。患者さんのご希望とご状態に合わせて選んでいます。

詳しくは健康管理科までお問い合わせください。

医療活動に関する実績