HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

外科・呼吸器外科・肛門科

 

外科・呼吸器外科・肛門科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 米山 文彦

当科では大きく4つに分けて消化器外科・乳腺外科・一般外科・肺外科の手術を行っています。

治療対象となる疾患は消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・結腸・直腸・肛門疾患)、肝臓・胆嚢・胆管・膵臓疾患、乳腺疾患、甲状腺疾患、ヘルニア、肺腫瘍、気胸などです。

 

 

患者さんへのメッセージ

日本人の死因の1位はがん疾患であり、その中でも胃癌・大腸癌、乳癌、肺癌は上位を占めている病気です。当科では様々な手術に対応していますが、中でも最も症例数が多いのは消化器疾患の手術です。消化器癌、肺癌、乳癌などの固形癌の基本的治療は外科的切除ですが、補助療法として化学療法(制がん剤治療)、放射線療法も必要となります。また、不幸にして癌の再発がおこり、治癒することが不可能となれば終末期医療も大切となってきます。当院では放射線治療はもとより、「化学療法センター」と「緩和ケア病棟」を設置しており、どのステージの患者さんに対しても院内で適切ながん治療ができるよう体制を整えております。

「化学療法センター」では独立した環境のなかで外来患者専用ベッドを備え、医師の指示のもと、専任の薬剤師、看護師がチームワークを組んで対応します。なかには外来通院中に副作用などで突然体調不良に陥ることもあるかもしれませんが、当院の救命救急センターは24時間体制で対応していますので、もし自宅などで体調不良に陥った場合、すぐに対応できるようにしています。

「緩和ケア病棟」は全室個室という環境で終末期医療を担当しており、痛みを緩和する治療も含めた癌終末期の総合的なケアを行っております。

 

 

チカラを合せてチーム医療

当院は総合病院としての特徴をいかし、すべての診療科と連携した医療を提供しています。たとえば直腸癌で外科的切除が必要な際、その病変が卵巣や、子宮、膀胱などに及んでいる場合、当院では迅速に産婦人科や泌尿器科と共同で治療にあたります。逆に産婦人科領域の癌で直腸に浸潤がある場合は、外科医が婦人科の手術に加わります。つまり、内科系を含み、複数の診療科が緊密に連携して手術することで、安全で質の高い治療を提供できるようにしています。愛知県で最も早く救命救急センターを開設している当院は「診療科を越えて協力する医療」の伝統が根付いております。

 

 

医療関係者へのメッセージ

近年の外科手術の大きな流れとして、患者さんのQOL(quality of life)向上を目的として、病変に対する根冶性は失わず、痛みや負担の少ない低侵襲手術が浸透してきました。当院では消化器疾患や肺疾患の手術に鏡視下手術(腹腔鏡や胸腔鏡手術)を積極的に導入しており、3台の鏡視下手術セットを用いて、同時3例の鏡視下手術を可能にしています。

胆嚢摘出術、大腸切除術、胃切除術、肺切除術、気胸手術どに適応しています。痛みが少なく傷が目立たないなど患者さんにとってメリットが大きいため、手術時間は多少長くなりますが、鏡視下手術の適応があれば積極的におこなっています。

乳腺外科は女性外科医を中心として取り組んでいます。乳がん手術も年間約70例行っており、乳房温存療法、センチネルリンパ節生検、術前化学療法、温存乳腺への放射線照射などガイドラインに即した上、縮小手術を中心とした治療を行っております。

また、急性腹症、腹部外傷など緊急手術を必要とする患者さんも24時間体制で受け入れをして、地域の基幹病院としての責任を自覚し、その役割を果たしていきます。

さらに、病診連携業務の一環として、開業医の先生方にも参加していただける「消化器科と合同でおこなう腹部レントゲン写真読影会」、「院内研究会」などの開催をして、顔のわかる医療連携をめざしていきます。教育面では日本外科学会専門医修練施設および日本消化器外科学会専門医修練施設として専門医の育成にも力を入れ、質の高い医療を提供していきます。

 

医師の紹介

職名

氏名

資格取得年

資 格 名

院長

河野  弘

1978年

日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
臨床研修指導医

副院長

北川 喜己

1983年

日本救急医学会指導医
日本救急医学会専門医
日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本消化器病学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
麻酔科標榜医
米国外科学会ATOMインストラクター
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医

部長

米山 文彦

1985年

日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器病学会指導医
日本食道学会食道科認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本がん治療認定医機構認定医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
消化器がん外科治療認定医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー読影認定医
臨床研修指導医

木村 桂子

1988年

日本外科学会専門医
日本医師会認定産業医
日本消化器外科学会認定医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー読影認定医
乳腺超音波判定医
臨床研修指導医

加藤 祐一郎 1997年

日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本肝胆膵外科高度技能指導医
日本内視鏡学外科学会技術認定医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構認定医
日本胆道学会認定指導医
臨床研修指導医

医長

尾辻 英彦

2003年

外科専門医
消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医

医員

清板 和昭

2009年

 
長谷部 圭史 2010年  

秋田 由美子

2011年

 
医師

桒原 聖実 

2013年

 
福井 史弥 2014年  
山内 悠司 2014年  
杉田 洋之 2015年
西野 真史 2015年  

医務嘱託

松浦  豊

1972年

日本消化器外科学会指導医
マンモグラフィー読影認定医

川口 晃司 

1998年

 
羽切 周平 2004年  
外来医師担当表

医療活動に関する実績