HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

わたしの想いをつなぐノート~人生会議してみませんか?~

 

わたしの想いをつなぐノート~人生会議してみませんか?~

誰でもいつでも命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。
命の危険性が迫った状態になると、約7割の方が、医療やケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることができなくなる、といわれています。
万が一のときに備えて、自分の大切にしていること、どのような医療やケアを受けたいか・受けたくないかについて、自分自身で考えたり、家族や大切な人たちと話し合ったりすることを「人生会議:アドバンス・ケア・プランニング」といいます。

あなたが突然の事故や認知症、病気などで意思を伝えることができなくなったときに
ご家族や親しい方々はあなたに代わって終末期医療の選択をしなければなりません。
だからこそ、自分の意思を伝えることができるうちに、ご家族や親しい方々に自分の言葉で伝えてほしいのです。
「縁起でもない」と、もしもの話し合いをすることを避ける人は少なくないと思います。
家族や大切な人と話し合いをしておけば、もしもあなたが自分の気持ちを話せなくなった時に、
その人達はあなたの気持ちを尊重して、あなたの代わりに医療やケアについて考えることができるのです。


自分自身で前もって考え、あなたのまわりの信頼する人たちと話し合い共有することが大切です。
あなたらしく生ききるためにあなたの思いや考えを伝える「人生会議」をしてみませんか。

厚生労働省の「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」に沿って取り組んでいます。

「わたしの想いをつなぐノート」ダウンロード

想いを伝える冊子をつくりました。どなたでもダウンロードできます。

わたしの想いをつなぐノート通常版(12ページ冊子)


わたしの想いをつなぐノート簡易版(4ページ冊子)