HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

病児・病後児保育「キッズポートえきさい」

 

■■■病児・病後児保育室における新型コロナ陽性者発生のお知らせ■■■

「キッズポートえきさい」において、スタッフ1名の新型コロナウイルス感染に関してもお知らせをさせていただいておりましたが、ご利用者の方からの新規発生も認めませんでした。
9月1日より病児・病後児保育を開始させていただきます。 大変ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。今後とも引き続き感染対策を強化した上、通常の運営をおこなって参りますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


病児・病後児保育室からの新型コロナウイルス感染症に伴う大切なお知らせ

ご利用されるお子様、もしくはお子様と同居されている方で下記に該当される場合には病児・病後児保育室のご利用を見合わせていただくようお願い致します。
・保育園・幼稚園・学校などの施設が、新型コロナウイルス感染症により臨時休園もしくは臨時休校になっている場合。
・新型コロナウイルス感染症の検査を受ける予定や検査結果待ちの方、濃厚接触者に認定されている方がご家族又はお近くにおられる方。
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


土曜保育についてお知らせ

現在、土曜保育は施設側の設備が整わない為に休所中です。
ご不便おかけし申し訳ございません。
開始の準備が整い次第ホームページにてお知らせいたします。


キッズポートえきさい

病児・病後児保育室「キッズポートえきさい」は名古屋市の委託事業として2021年3月25日より開所いたします。
キッズポートえきさいでは、えきさい(導き・たすかる)の精神に基づき、病気の子どもたちの心と生活に寄り添える港(場所)、地域に密着し、子どもも大人も安心できる港(場所)のような病児保育施設を目指しています。


病児・病後児保育とは

保育園に通っている子どもが発熱続きで、なかなか仕事に行けない……。共働き家庭が増えてきている近年では、そんな悩みを抱えている家庭も多いです。 そんな時に助けになるのが、病児・病後児保育です。
病児保育とは・・・ 保育園に通っている子どもが病気になってしまった時、親がどうしても仕事を休めない場合に、親に代わって病気の子どもを預かるサービスのこと。 また、そのような子どもの保育を行う施設を総称して病児保育と呼ぶケースもあります。
病後児保育とは・・・ 子どもの病気自体は治っているものの、まだ本来の体調には戻っていないため、通常の保育メニューを受けるのが難しい回復期の子どもの世話を親に代わって行うサービスのことを指します。病気が治りかけている状態の子どもが対象となります。

施設の概要

場所

〒454-0854 名古屋市中川区松年町5丁目2-6

利用時間

月曜~土曜(祝祭日・年末年始を除く) 午前8:00 ~ 午後6:00

保育対象年齢

生後6ヶ月~小学6年生

電話番号

052-654-2858


ご利用手順

    予約をお取りしていてもご利用をお断りする場合がございます。

  • 麻疹(はしか)、風疹、流行性結膜炎(疑いも含む)、ノロ、ロタウイルス腸炎、嘔吐や下痢症状のひどい方。
  • 医師が利用できないと判断した場合。
  • 朝のお子様の様子を見て保育士が利用できないと判断した場合。


予約方法

病児保育ネット予約システムあずかるこちゃんより予約申し込みをしてください。


詳しい登録方法はこちらから



ご利用当日



利用当日の持ち物

持ち物リスト


各書類は下記「必要書類ダウンロード」より印刷してください。

必要書類ダウンロード

名古屋市病児・病後児保育デイケア事業利用連絡書


家庭連絡票




ご利用料金



その他

  
  • ・延長保育は行っていません。やむを得ない理由で午後6時を過ぎた場合は延長料金をいただきます。
    (30分/500円)
  •   
  • ・警報発令時は利用できません。また、ご利用中に警報が発令された場合は規定に従い、
    速やかにお迎えをお願いします。
  •   
  • ・職員一同、感染対策には十分配慮して行っておりますが、他の利用者さんより感染の可能性があることをご理解の上ご利用ください。
  •   
  • ・何かご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。
  •