HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

化学療法センター

 

部門の紹介

主な活動

部長 米山 文彦

化学療法センターではがん疾患の患者さんに対して抗がん剤を用いた薬物治療やリウマチなどの自己免疫性疾患の患者さんの治療を担当しております。これまでは入院しなければ受けられなかった抗がん剤治療が近年では管理技術が進歩したことにより外来でも治療が可能になってきています。患者さんの治療方針は各診療科の主治医が管理をしておりますが、がん治療専門のスタッフが治療を担当することで患者さんにとって安全な治療ができるよう活動しています。

 

患者さんへのメッセージ

抗がん剤は身体の中で悪さをするがん細胞を攻撃する一方で、正常な細胞にも影響をあたえることから治療に伴い副作用が出ることは皆様のご存じのとおりです。そのため実際の治療では抗がん剤の種類、投与量、投与時間などを厳密に管理し、患者さんの状態に応じて適切な対応ができる施設の整備が不可欠となります。当院の化学療法センターでは化学療法に特化した専門の薬剤師・看護師が中心に運営を担当しており、主治医と連絡を取りながら治療にあたっています。副作用の症状は抗がん剤の種類や個人差によって様々ですが、もし困ったことがありましたら気軽にスタッフに相談していただきたいと思います。もちろん看護師も患者さんの健康状態を常に確認するようにしており「こういう副作用が出ているのでケアの検討をほしい」と主治医に対しても情報のフィードバックをしているため、必要な治療をすぐに行えるよう連携ができています。

また当センターではがん患者さんの会を主催しております。同じような病気と闘っている方と生活面・健康面での工夫について情報交換をしたり、友人の輪を広げたりするきっかけを提供しています。ご興味をもたれた方は是非ご参加ください。

 

 

チカラを合せてチーム医療

化学療法センターは各診療科を横断した部署のため、いろいろな診療科の患者さんが治療に通われております。化学療法センターにおける治療の中心的な役割を務めるのはがん治療の専門知識を持った薬剤師と看護師です。抗がん剤の治療は強い副作用がありますし、薬品の使用法を誤れば身体に大きな影響を及ぼすものですから、治療方針を決める各診療科の主治医と連絡を取りながら、また化学療法センターに出入りする医師とも協力して安全性に問題はないか何重にもチェックしながら治療を行っております。

 

 

医療関係者へのメッセージ

ここ近年で抗がん剤治療やそれを取り巻く環境は大きく変化し、化学療法センターで治療を受ける患者さんは年々増加してまいりました。これは新規患者の増加とともに長期にわたり化学療法を受け続ける患者さんが増加していることも一因となっています。新規薬剤の開発や新しい知見にもとづく治療法が発表され、癌種によっては一次治療の効果がなくなっても二次以降の治療が奏功して長期に病勢コントロールが可能となった一方で、長期治療による副作用や精神的ストレス、経済的負担などの問題点も起こってきます。また内服薬を含め次々と分子標的薬と呼ばれる新薬が各種、保険収載され、一般病院での臨床に使用されるようになってきましたが、これらの薬剤は非常に高価で、副作用のプロフィールも従来の抗癌剤とは異なっています。

日々、新しい情報に対するアンテナを高くして医師・看護師・薬剤師が専門的知識のもと協力してチーム医療を行う必要性がより高まってきました。各診療科の治療がその領域の標準的治療として適切かどうかの審査・安全性の向上・副作用対策、適切で親身な情報提供により患者さんの不安を少しでも和らげ治療効果があがるようにサポートできるよう今後も努力してまいりたいと思います。


 

 

 

化学療法センター