HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

薬剤部

 

部門の紹介

主な活動

部長 池上 信昭

薬剤部では調剤(処方箋を基に薬を取り揃える)、製剤(市販されていない薬を院内で調合する)、医薬品の供給・管理を担当しています。さらに全ての病棟に専任薬剤師を常駐させ薬剤管理指導・病棟薬剤業務を行ったり、緩和・化学療法センターでは抗がん剤治療から麻薬の取扱いまで、がん治療全般の管理・運営を薬剤師が中心となり行なっています。また地域の保険薬局との間で情報交換を行い(薬・薬連携)、病院の枠を越えて地域医療に貢献しています。

 

患者さんへのメッセージ

1994年8月より消化器科病棟への薬剤師の常駐を開始し、2012年4月からは救命・集中治療室を含む全ての病棟に薬剤師が常駐しています。患者さんが持参したお薬の確認や入院中のお薬の効果、副作用、飲み合わせをチェックしたり、患者さんへ服薬指導を担当したりしています。入院中は看護師や薬剤師が薬を飲めているか確認していますが、一定の割合で退院をきっかけに服用を止めたり用法を守らなかったりしてしまう患者さんもいます。入院中から「あなたはこういう病気だからこの薬を服用するとこのような効果があります」と薬の必要性を十分理解していただけるよう指導して、患者さん自身がご自分の治療に積極的に関われるよう支援しています。

化学療法センターではがん治療に精通した薬剤師が中心となり、抗がん剤の投与量や投与スケジュールが適切か、吐き気など副作用を軽減する対応はできているかなどを確認し、常に最新の情報を患者さんにお届けできるよう心がけています。

 

チカラを合せてチーム医療

院内には医師・薬剤師・看護師をはじめ様々な職種が協働している院内感染制御チーム(ICT)、緩和ケアチーム(PCT)、栄養サポートチーム(NST)、褥創対策チームなどがありますが、その中で薬剤師としての専門性を活かした支援を行っております。例えば、緩和ケアチームでは、緩和ケア内科の医師やがん疼痛認定看護師と共にがん専門薬剤師がチームの一員となり、疼痛コントロールだけでなく、がんの終末期に起こる様々な症状に対し対応しています。

また薬剤師の活躍は院外にも及んでいます。東日本大震災の時は医療救護班やDMAT(災害派遣医療チーム)の一員として薬剤師も救援に参加しておりました。

 

医療関係者へのメッセージ

当院の診療科では外来患者さんに対して院外処方箋を発行しております。保険薬局の薬剤師様から疑義照会があった場合には、当院では薬剤部が窓口になって対応しております。病院によっては処方箋を発行した医師に直接連絡して疑義照会するケースが多いようですが、病院薬剤師が仲介役となった方が質問の意図が正確に伝わり医師に照会内容を正しく理解してもらえるなどの利点があり、地域の薬剤師会からも高い評価を戴いています。

当院で入院されていた糖尿病や虚血性心疾患の患者さんに対しては保険薬局の薬剤師様と薬・薬連携しながら継続フォローしております。当院薬剤師から「入院中における薬の管理について評価したチェックシート」を保険薬局の薬剤師様にお送りします。患者さんが退院してしまうと当院の薬剤師は患者さんの服薬や健康チェックに関与することができなくなるため、保険薬局の薬剤師様に「退院後も継続して薬が服用できているか」確認していただき、チェックシートを当院までフィードバックしていただいております。そうすることで入院治療が再度必要になった時、これまでの投薬管理を正確に把握することができ、患者さんの治療に役立てることができています。
今後ともご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

名古屋掖済会病院では、保険薬局からの疑義照会及び後発医薬品調剤報告書をFAXで受け付けております。当院指定の用紙に内容を記載し、FAXで薬剤部宛に送信してください。

疑義照会用紙

FAX:052-652-9860

後発医薬品調剤報告書用紙

FAX:052-652-7637

 

取材資料

日本イーライリリー取材 CATALYST 2017 Vol.9.

 

日本イーライリリー取材 DM Trend Journal 第34号 Vol.9 No.3

月刊薬事取材 2015年3月号

大正富山取材 2016 Spring Doctor’s eye vol.40

田辺三菱取材 Pharma Scope Vol.17

キッセイ薬品取材 KUSSEI KUR VoL9 No.1 2016 On-Site Report

エーザイ取材 HosPha 2014 No.2

第一三共取材 ファーマシストぷらす 2015 No.3

アステラス取材 NEOSYS 2013 No.7

大塚製菓工場取材 Pallette Vol.98