HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

腎臓内科

 

腎臓内科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 中嶋  貴

腎臓内科は腎臓に関する一般的な病気に対して診療をしています。腎臓機能の低下によるクレアチニン(Cr)・尿素窒素(BUN)・尿蛋白(UP)などの数値の異常、生活習慣病から腎臓が悪化した糖尿病性腎症、高血圧からくる腎硬化症、急性腎不全、慢性腎不全などが主な病気です。また、腎炎、IgA腎症、ネフローゼだけでなく膠原病、血管炎、自己免疫疾患の分野の一部も担当しています。
 
 
患者さんへのメッセージ

当科を受診する患者さんで多いのは20代~40代では腎炎や膠原病(全身の血管や皮膚・筋肉・関節などに炎症が見られる病気で原因不明の発熱や発疹、関節の痛みなどの症状)、50代以降では高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で腎臓を悪くされる方です。腎臓疾患の治療は初期の段階であれば食事療法(主に塩分制限)で対応しますが、進行してきたら内服治療などで透析になるのを送らせる治療をし、さらに腎臓の機能が落ちてきた場合は血液透析や腹膜透析にも対応しており院内にて透析治療を行う事が可能です。
腎臓疾患は初期には症状がほとんどなく、知らない間に病気が進行し具合が悪いと気がついた時には状態がかなり悪くなっている事が多いため、特に身体に不調がなくても年に1度は健康診断を受けていただく事をお勧めします。健康診断で尿の異常(尿蛋白やクレアチニン・尿素窒素が高いなど)があれば早めに腎臓内科を受診していただきたいと思います。
腎臓内科では早期の発見・診断・治療を心掛けて行っています。腎臓に関する症状を幅広く取り扱っていますので、特に症状がなくてもちょっとした疑問や気になる事がありましたら気軽にご相談ください。必要があれば腎生検など診断・治療へと繋げてまいります。アフェレーシスなども当科で行っています。

当院は名古屋市中川区にありますが様々な地域からの患者さんが来院されています。

 

 

チカラを合せてチーム医療

当科には腎臓内科と透析部門があります。腎臓内科外来においては医師を中心として看護師や管理栄養士と一緒に栄養指導や日常の生活の指導を行い、患者さんの生活習慣の改善を図ることで出来る限り透析治療を必要とする状況にならないことを目標にして診療をしています。
透析部門に関しましては医師・看護師・管理栄養士・臨床工学技士が連携をとり、患者さんへ安全でより高度な透析治療ができるようチカラを合わせてチーム医療を行っています。また透析治療は長時間になりますので患者さんにリラックスして過ごしていただけるよう取り組んでいます。

 

 

医療関係者へのメッセージ

最近では慢性腎臓病CKD(Chronic Kidney Disease)と呼ばれる病態の患者さんが増えています。CKDは成人の8人に1人が罹っていると考えられており、新たな国民病ともいわれています。このように増え続ける患者さんに安心して医療を受けていただけるよう、地域のかかりつけ医の皆様と当院の腎臓内科が協力して「併診」という形でも地域医療連携しながら患者さんを診ています。併診の場合、かかりつけ医の皆様に普段の診療や処方をお願いするという形になりますが、数か月に1回のペースで当院の外来を受診していただきながら継続フォローを行っております。また透析治療をしている患者さんが肺炎や心筋梗塞などを併発された場合では、総合病院である当院で他科と連携を取りながら治療にあたらせていただきますので、該当の患者さんがみえる時はお気軽にご相談ください。緊急の対応が必要な時にも24時間体制の救命救急センターが併設されておりますので、地域のかかりつけ医の皆様は安心して患者さんを当院へお任せいただければと思います。

 

医師の紹介
職名 氏名 資格取得年 資 格 名
部長 中嶋  貴 1999年

日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会認定専門医
日本腎臓学会認定指導医
日本透析学会専門医
日本透析学会指導医
臨床研修指導医

医員

 

常世田智明

2008年

日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会認定専門医
日本医師会認定産業医
日本内科学会総合内科専門医
日本透析医学会専門医
ランニング学会認定ランニング指導員
日本医師ジョガーズ連盟認定ランニングドクター
日本医師会認定健康スポーツ医
臨床研修指導医
日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医

宮城 愛

2011年

日本内科学会認定内科医

医師

稲熊 祐輔

2013年

日本内科学会認定内科医

医務嘱託 瀬嵜 良三 1975年

日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会認定専門医
日本腎臓学会認定指導医
日本透析学会専門医
日本透析学会指導医
日本アフェレシス学会認定専門医
日本救急医学会救急科専門医
ICD (Infection Control Doctor)
臨床研修指導医

外来医師担当表

医療活動に関する実績