HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

病理診断科

 

病理診断科

部門の紹介

仕事の内容

①組織診断:患者さんの組織(胃、大腸、肺、乳房、皮膚など)の一部を採取して標本にし、顕微鏡で見て、良性か悪性かや病気の種類の診断をします。②細胞診断:患者さんから細胞(子宮頸部や体部、肺の細胞、尿や胸水、腹水に含まれる細胞など)を採取して標本を作製し顕微鏡で見て主に良性か悪性かを診断します。③病理解剖:患者さんが亡くなられた場合にご遺族の許可をいただいて、どんな病気で亡くなられたか、治療の効果はどうかなどを診断します。

 

 

患者さんへのメッセージ

病理診断科は患者さんがどんな病気を持っておられるのかを、組織や細胞をみて診断している診療科です。病理・細胞診断医(病理医)と臨床検査技師が協力して仕事を行っています。病気の種類が決まらないと治療ができませんから、病院にこられた患者さんはいろいろな検査を受けられます。尿や血液、心電図の検査などに加えて、超音波の検査やレントゲン、マンモグラフィ―、CT,MRI等の画像の検査などがあります。近年は画像診断が進歩し、体のどこにどんな異常があるかがかなり詳しくわかるようになりました。しかし、組織や細胞を採取して直接顕微鏡で見ないと確実な診断が下せない病変もたくさんありますので、病理、細胞診断は最終診断ともいわれ、病気の診断には欠かせない診断方法となっています。細胞や組織を採ってきますので、患者さんにはある程度の苦痛を伴う検査ですが、大変大切な検査ですので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。病理解剖は先にも述べましたが、亡くなられた患者さんの生前の診断が正しかったのか、治療はよかったのか、最終的にはどんな病気が死亡の直接原因になったのかを調べます。そして、臨床医と病理医で検討会を行って得られた教訓を今後の医療活動に生かします。ご遺族としてはお悲しみのうえにまたご遺体にメスを入れることなど、耐えられない事でしょうが、ご理解いただきますようよろしくお願い致します。

 

 

チーム医療

病理医が診断を行うためには、臨床情報(年齢、性別、病変の部位や画像の所見、治療の有無など)が大変重要です。カルテを見ただけではわからないこともあり、臨床医と直接話すことも必要です。ですから、病理医はあらゆる診療科の医師と連携して診断を行うことが必要とされます。また、病理診断科内ではいろいろな間違いが起こらないようにするためにも、標本作製に携わる臨床検査技師やCT(Cytotechnologist, 細胞検査士:全ての細胞診標本の中の癌細胞の有無をあらかじめチェックする) との連携が非常に大切です。この点でも臨床医とだけでなく科内での良いチームワークを築いておく必要があります。

 

 

医療関係者へのメッセージ

病理診断科に病理組織や細胞診断を依頼する診療科は多科にわたり、その材料も種類が極めて多数に上ります。常日頃から、正しい診断ができますよう努力はしていますが、全ての病変の診断が容易に行えるわけではなく、診断困難な標本は日常業務の中で少なくありません。従って、直ちに結果(診断)が出るとは限りません。時には、他の病理医へのコンサルテーションが必要な場合もあります。このような場合は、少し時間をいただくことをご了承ください。先に述べましたように正しい診断をするためには是非とも臨床医の先生方の協力が必要です。また、診断の結果が臨床診断と異なっている場合や、診断に疑問や質問がある場合などには、遠慮なく、病理医にご相談をお願い致します。診断の結果は患者さんの治療に直接かかわりますので、病理医にとって臨床医との話し合いは非常に重要です。この点では現在行っている臨床と病理とのカンファレンスを更に多くの診療科と頻繁に行っていく必要があると思います。

当院は地域の医療機関との医療連携を大切にしています。医療連携機関の先生方から紹介された患者さんの組織診断も行っています。これらの組織診断だけでなく、何か組織診断や細胞診断に疑問や質問がある場合でも遠慮なくご連絡ください。また、病理解剖につきましても受け付けておりますのでご利用くださいますようお願い致します。

 

医師の紹介

職名

氏名

卒年

資 格 名

部長

佐竹 立成

1968年

日本病理学会専門医
病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会専門医

医師

西川 恵理

2013年

 
森下 文子

2014年

 

医務嘱託

村上 秀樹 1993年  

木澤 麻由紀

1998年

 
佐藤 朋子 2001年