HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

臨床工学部

 

臨床工学部

部門の紹介

主な活動

技師長 高橋 幸子

臨床工学部は院内で治療に使われる医療機器が「いつでも安全に動くように」普段から点検や管理を行っています。具体的には、生命維持管理装置(人工心肺装置、人工透析装置、人工呼吸器、補助循環装置など)の準備、患者さんへの装着介助、医療機器の操作および監視と記録、機器トラブル時の対応と処置などを行っています。

 

 

患者さんへのメッセージ

臨床工学部では臨床工学技士が中心となり活動しています。私達の活動場所は手術室、心臓カテーテル室、集中治療室、救命救急室、透析室、一般病棟の医療機器があるところ、さらには救命救急センターで救急患者さんに対して他の職種と協力して処置にあたるなど多岐にわたります。そのため管理している医療機器は多く、日常的に使用する輸液ポンプや生体情報モニターから、心臓外科手術を補助する機器まで目的毎にたくさんの機器があります。当院の臨床工学技士は管轄する全ての医療機器に精通し、誰もが必要なレベルで医療機器の管理や操作、治療のサポートができるように日々トレーニングを積んでいます。24時間365日救急患者を受け入れている当院では、夜間でも臨床工学技士が対応する体制が出来ておりますので、緊急時でも安心して医療を受けていただくことができます。

また医療機器のスペシャリストである私達は、医師や看護師が正しく安全に医療機器を操作できるよう定期的に指導しています。例えば院内のあらゆる場所で日常的に使用される輸液ポンプやシリンジポンプをはじめ、生命維持管理装置である人工呼吸器、補助循環装置など、新人はもちろんのこと、経験を積まれた方たちにも実技指導を含め定期的に指導を行っております。

 

 

チカラを合せてチーム医療

医療の世界では医療機器も進化を続けており、これまで難しかった治療ができるようになるなど飛躍的な発展を遂げました。医療機器は以前に比べ単純なしくみからより複雑化し、その操作には高度な知識と技術が必要となり、その中で患者さんに対してより適切で安全な操作や管理を行うことが求められています。そのため臨床工学技士は研修を積極的に受け、医療機器メーカーから情報をもらい常に医療機器に対する知識や技術を深め、臨床現場で安全に運転できるようにしています。一方で私たちがメーカーからの依頼された研究を臨床でしっかり検証し、現場の声を入れたレポートをメーカー側にフィードバックすることで、医療機器をバージョンアップさせるのに必要な情報として役立ててもらっています。医療機器メーカーと病院スタッフの連携もチーム医療なのです。

 

 

医療関係者へのメッセージ

臨床工学技士の誰もが院内の医療機器全てに対応できることは当院の強みだと思います。24時間365日、軽症から重症まで受け入れている当院では、緊急対応が必要になった時にいつでも当番のスタッフが医療機器を通して治療を支援しています。経験が浅く私たちが「合格」と認めるレベルに到達していない若いスタッフは、熟練スタッフとペアになって業務に携わり腕を磨いています。

医療機器は医学的な知識だけで扱えるものではなく、電気やコンピュータといった医療以外の知識や経験も必要とされています。そのため当院ではより良い医療をするため研究や学会発表に積極的に取り組んでいます。私たちが研究の中で良い発見をしたら他の病院も情報を共有できるように発信し、他院で良い活動をしていれば「当院でも取り組めることはないだろうか」と常にアンテナを外に向けています。当院の研究熱心な姿勢に対して医療機器メーカーも信頼を寄せてくださっており、「国内で発売の承認がとれた医療機器を名古屋掖済会病院で使用して評価を聞かせてください」と医療機器を全国で最初に持ってきてくれることもあります。

患者さんの命を支える上で医療機器は非常に大事でありますので、これからも安全で高度な医療技術が提供できるよう取り組んで参ります。