HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

小児科

 

小児科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 長谷川 正幸

小児科の守備範囲は新生児から中学生までです。発熱などの感染症や膠原病、嘔吐・下痢などの消化器疾患、肺炎や気管支ぜんそくなどの呼吸器疾患、けいれんなどの神経系疾患、血尿・蛋白尿などの腎泌尿器疾患、低身長や甲状腺の病気など内分泌疾患など様々な疾患を対象に診療にあたっています。

特に感染症や川崎病、アレルギー疾患(喘息や食物アレルギー)、内分泌疾患(低身長や糖尿病、甲状腺疾患)、けいれん疾患、発達障害は患者数も多いため専門医を配置して治療に力を入れています。

また小児科は病気だけではなく、発達や育成を見守る健診や病気にかからないようにする予防接種にも力を入れて取り組んでいます。

 

 

患者さんへのメッセージ

長期間の治療が必要となる慢性疾患にはアレルギー・ぜんそく・アトピー・食物アレルギーなどがありますが、その中でも最近食物アレルギーで受診される患者さんが増えています。アレルギーのケースではまず原因物質を調べ、どうしても原因物質の除去が難しい場合はアレルギーを抑えるお薬を使って治療します。ただし原因物質を除去し続けないケースもあります。食物アレルギーをもったお子様では腸が発達途中のため、十分に食物を分解しないまま吸収してアレルギーを起こしてしまう場合があるので年齢とともにアレルギーが軽減してくることはよく知られています。そのためタイミングをとりながら負荷試験(実際食べてアレルギー症状が出ないか確認するテスト)を行い、異常がないなら「制限していた食物を食べてもいいです」と判断しています。

当院の小児科では医師の半分以上が女性であることもアピールしたいポイントです。特に小学校の高学年から中学校の女性の患者さんというのは、やはり思春期ということもあり男性医師に抵抗を感じることもありますし、ご家族様や学校の先生にも相談しにくい思春期の悩みもあります。女性医師が毎日外来を担当しておりますのでぜひご相談ください。

 

 

チカラを合せてチーム医療

小児科は急性疾患も多いうえカバーする領域も広く、24時間365日いつでも患者さんに最善の治療を提供するためにはチーム医療がとても重要です。小児病棟の中では子ども好きな看護師が丁寧に患者さんのケアやご家族様をサポートする役割を担当しています。あわせて保育士も常駐しているため軽い運動や遊びの手助けをしてお子様の心を豊かにするお手伝いをしています。お子様の中には心の問題をお持ちの場合もありますので、小児科所属の臨床心理士とも連携するなど多職種がそれぞれの得意分野でチカラを出し合っています。

 

 

医療関係者へのメッセージ

当院は救急病院のため、急性期も慢性期の病気も24時間365日対応できる体制を構築しています。お子様が夜中に突然体調を崩した場合は救命センターを受診していただき、必要であればすぐに小児科病棟にて入院を受け入れ24時間小児科医が対応しています。

また内分泌疾患やアレルギー疾患の治療にも力を入れており、内分泌疾患(低身長や糖尿病、甲状腺疾患)に関する疾患の専門医が1名、アレルギー疾患に関する専門医が3名おります。

私達の診療科は「年齢」で区切られている特性があるため、小児科というのは「入口」だという考え方をしています。ご紹介いただいた患者さんを「この児は内分泌の治療」「この児はアレルギーの治療」というように診断・治療を行い、必要とあれば病院同士のネットワークを使って専門機関にも紹介していきます。

小児科の急性期疾患の中ではインフルエンザやRSウィルスなどの感染症が圧倒的に多くなっていますが、一方で病気にかかる前に予防接種をする事で中耳炎や重症な感染症の髄膜炎になるお子様が減ってきています。そのため当院では予防接種を推進していますが、それでも予防接種だけでは防げない場合や流行性の感染症も多くありますから、予防医療と予防できなかった場合の治療をどちらも真剣に取り組み続けていきたいと考えております。

 

 

専門外来

専門外来は「神経」「アレルギー」「心臓」「内分泌」「発達」「心理」の6つです。

「神経外来」では主にてんかんの児の検査(脳波や画像検査)、治療を行っています。

「アレルギー外来」では最近増えている食物アレルギーなどの診療にあたり、日本アレルギー学会から「専門教育施設」に認定されています。

「心臓外来」では先天性心疾患を中心とした循環器疾患の検査を行い、必要に応じて専門施設に紹介をしています。

「内分泌外来」は小児の糖尿病、甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患の治療、低身長の検査・成長ホルモン補充療法を行っています。

「発達外来」では、落ち着きのない児、上手く友達と関われない児などの「発達障害児」(注意欠陥多動性障害、軽度の自閉症スペクトラム障害など)の診断・カウンセリングや薬物療法を行っています。知能検査や発達検査も可能です。

「心理外来」では小児専門の臨床心理士によるカウンセリングや心理療法(箱庭療法など)を行っています。不登校児や発達障害児、心身症のお子さんが通っています。

 

医師の紹介

職名

氏名

資格取得年

資 格 名

部長

長谷川正幸

1993年

日本小児科学会専門医
臨床研修指導医

武田 将典

2002年

日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
臨床研修指導医

医長

松岡 佐知

2003年

日本小児科学会専門医

伊藤 早苗

2006年

日本小児科学会専門医

伊藤 祥絵

2007年

日本小児科学会専門医
臨床研修指導医

医員

水谷 公美

2010年

 
酒井 喜規 2012年  

医師

野﨑 博司

2013年

 
水谷 陽貴 2014年  
八木 瞳 2014年  

医務嘱託

植村 直子

1991年

 

木村 量子

1999年

 

深澤 佳絵

2000年

 
外来医師担当表