HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

緩和ケア内科

 

緩和ケア内科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 安江 敦


緩和ケア内科では、緩和ケア病棟・緩和ケアチーム・緩和ケア外来を3本の柱として、がん患者様の痛みや息苦しさ、心の不安などさまざまな「苦痛」を和らげる治療を行っています。

 

 

患者さんへのメッセージ

「緩和ケア」は、がんの病期に関わらず、どなたでも受けられるケアです。緩和ケア内科では、患者様が「自分らしく生きる」ことができるように、そして、「心身ともに穏やかに過ごすことができる」ように援助することを大切にしています。医師や薬剤師、看護師などチームでじっくり話し合いながらがんに伴う痛みや息苦しさ、不安などをできる限り和らげるようにしていきます。患者様の心の不安やつらい気持ち、仕事や療養に関する悩みなどにも対応していきます。また、患者様を支えるご家族や大切な方の不安や心配事にも耳を傾けていくことも大切なことと考えています。


緩和ケア病棟へのリンクはこちら
緩和ケアチームへのリンクはこちら
日本ホスピス緩和ケア協会へのリンクはこちら

当院の緩和ケア病棟は「日本ホスピス緩和ケア協会」の定める、「緩和ケア病棟における質向上の取り組みに関する認証制度」にかかわる認証基準を満たした施設です。

 

チカラを合せてチーム医療

緩和ケア内科では院内他科の主治医とも連携を取りながら、「緩和ケア」に携わるスタッフ全員がチームになって患者様の身体や心の状態について、できる限り理解し共有するようにしています。チームになって患者様やご家族と接していくことは、身体的な苦痛や精神的な苦痛を緩和していく中で最も大切なことと考えているからです。
患者様あるいはご家族もチームの一員と考えてもいいかもしれません。「こうしてほしい」、「こんなことに困っている」などありましたらご遠慮なく教えて下さい。

医療関係者へのメッセージ

「がん対策推進基本計画」における重点的に取り組むべき課題として、「がんと診断された時から緩和ケアの推進」をしていくよう掲げられております。当院では、がんの治療中の患者様でも、緩和ケアを専門とする医師、薬剤師、看護師がチームとなって身体のつらさや、気持ちのつらさを和らげる「緩和ケアチーム活動」を行っています。また、がんの治療を行うよりも、「苦痛」を緩和する治療を中心に行う方がよいと判断されれば「緩和ケア病棟」も備えております。また、「在宅緩和ケア」への移行を希望される患者様には、積極的に退院調整も行っております。「切れ目のない緩和ケア」を提供できるよう、今後とも尽力して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。なお、当院は「愛知県がん診療拠点病院」に指定されており、厚生労働省委託事業であります「緩和ケア研修会」を開催しております。受講希望の先生方は是非、お気軽にご参加下さい(開催日時は当院ホームページ内にてお知らせして参ります)。

 

医師の紹介

職名

氏名

卒年

資 格 名

部長

安江 敦

1999年

日本外科学会認定医
日本外科学会専門医 
臨床研修指導医

小島 美保

1996年

日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
臨床研修指導医
マンモグラフィー検診制度管理委員会認定読影認定医

市田  勝

1981年

精神保健指定医
日本精神分析学会認定精神療法医
日本精神神経学会精神科専門医
臨床研修指導医

外来医師担当表

医療活動に関する実績