HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

消化器内科

 

消化器内科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 神部 隆吉

消化器科は食道・胃・十二指腸・大腸・肝臓・胆のう・膵臓という消化器のほぼ全ての疾患について担当しています。またがん診療においては早期診断できるように努めるほか、がんが発見された場合には内視鏡治療・化学療法・放射線治療・緩和治療まで幅広く対応することが可能です。当院は日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会の認定施設でもあり、最新の診断、治療手技を常に取り入れながら診療するよう努めています。

 

 

患者さんへのメッセージ

消化器科は消化器のほぼ全ての疾患を担当しているため、取り扱う病気が多いのが特徴です。消化器科全体にわたって多くみられる病気はがんであり、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆のうがん、胆管がん、膵臓がんなどがあります。

日本人の平均年齢が上がるにつれてがんは増えてきていますが、最近、目立つのは大腸がんです。大腸がん健診で便潜血検査を受けたら便の中に血が混じっていた(陽性)ため、消化器科で大腸カメラを受け、がんが見つかったという患者さんも多くなっています。便潜血検査では痔などの出血でも陽性の判定が出ることがありますが、大腸カメラを受けることでさらに正確な診断を行うことができるため、早めの受診をお勧めします。胃がんや大腸がんは早期に発見できた場合は内視鏡による治療(粘膜切除術・粘膜下層剥離術など)を積極的に行っています。また胃カメラは苦痛を軽減するために経鼻内視鏡も揃えています。
胃がんや萎縮性胃炎の原因にはピロリ菌によるものが多いと言われており、患者さんから「ピロリ菌を除菌してほしい」と当科を受診されるケースもあります。一週間の抗生剤内服で治療ができますので、心配な方はご相談ください。

 

 

チカラを合わせてチーム医療

当院救命救急センターには内視鏡室・透視室が完備されております。緊急性の高い患者さんが搬送されてきた時には救急科医と消化器科医が連携しながら処置にあたっています。救命救急センター内で緊急内視鏡止血術、内視鏡的食道静脈瘤結紮術(EVL)、内視鏡的胆道ドレナージ術(EBD)、経皮的胆道ドレナージ術(PTCCD、PTCD)等の対応が可能です。

また当院はフルスペックの総合病院であり、例えば潰瘍性大腸炎・クローン病においては適応があれば腎臓内科・透析室と連携して顆粒球吸着除去療法、化学療法センターと連携して抗体製剤の投与を行うなど他科との連携も行っています。

がん診療においては化学療法センター、緩和ケア内科と連携して抗がん剤治療、緩和医療を行っています。

 

 

医療者向けのメッセージ

当科が扱っている疾患のスペクトラムは広いですが、よく見かける疾患は次の通りです。

・萎縮性胃炎、胃十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ感染症、逆流性食道炎

・急性腸炎、虚血性腸炎、憩室炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ

・慢性肝炎、肝硬変、それに伴う食道静脈瘤、肝性脳症

・胆のう炎、胆管炎、胆石症、総胆管結石

・膵炎、膵嚢胞(IPMN)

・がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆のうがん、胆管がん、膵臓がん)

 

当科では次の様な検査・治療をしています。

・胃カメラでは少しでも苦痛を軽減するため経鼻内視鏡を導入

・食道、胃、大腸の早期がんには適応があれば、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、粘膜下層剥離術(ESD)を実施

・原因不明の消化管出血の精査のため、カプセル内視鏡を導入

・B型慢性肝炎には核酸アナログ製剤(エンテカビル)、C型慢性肝炎にはペグインターフェロン、リバビリン、シメプレビルの3剤併用療法を実施可能

・肝がんに対してはラジオ波焼灼療法(RFA)、肝動脈化学塞栓療法(TACE)、分子標的薬治療(ソラフェニブ)を実施

・総胆管結石には内視鏡的乳頭拡張術(EPBD)、乳頭切開術(EST)による結石除去

・手術不能の悪性胆道狭窄に対しては適応があれば金属ステント留置術を実施

疾患を治していくことだけではなく、患者さんの希望も伺いながらきめ細かいケアをしていきたいと思っております。

 

医師の紹介

職名

氏名

資格取得年

資 格 名

部長

神部 隆吉

1989年

日本消化器病学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会認定指導医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
臨床研修指導医

大橋  暁

1995年

日本消化器病学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会認定指導医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
臨床研修指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医

岩田 浩史

1998年

臨床研修指導医

医長

河合 学

2006年

日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本消化器病学会専門医

水谷 佳貴

2005年

 
医員

佐橋 学

2008年

日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医

平松 健

2012年

 
医師 近藤 寛之 2014年  
藤本 諒 2015年  

医務嘱託

石川 恵里

2008年

 

鈴木 博貴

2010年

 
外来医師担当表

医療活動に関する実績