HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

脳神経外科

 

脳神経外科

診療科の紹介

主な症状・病名

部長 木村 雅昭

脳神経外科では脳卒中(くも膜下出血・脳内血腫・内頚動脈狭窄・脳梗塞など)、交通事故などによる脳や脊髄の外傷、脳腫瘍、脊髄病変(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍など)、水頭症などの先天性の(生まれつき)の脳の病気の治療を行っています。

狭くなった血管を広げるためカテーテル治療やステントを挿入する血管内手術、加齢に伴い手足がしびれて生活に支障が出るという脊柱管狭窄症は脊髄手術を専門に行う医師がおり積極的に治療を行っています。

 

 

患者さんへのメッセージ

くも膜下出血、脳出血、脳梗塞などの脳卒中は、サイレントキラーとも呼ばれ、前触れもなく、急に意識を失って倒れることが多く、日本人の死亡原因の上位にも名を連ねる危険な病気です。こうした病気を防ぐには、高血圧、糖尿症、高脂血症、たばこなどのリスクファクターを減らしてゆくことが重要です。更に、最近では、脳ドックなどによって早期発見し、ある程度防ぐことが可能となってきています。

くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤(脳の血管の一部が風船のように膨らんだもの)は脳ドックの検査を受けることで簡単に発見できます。大きくて破れそうな動脈瘤は破れないように手術をします。一方、極めて小さなものや破裂する恐れの低いものは経過観察します。

動脈瘤の破裂を防ぐ手術には2つの方法があり、クリッピング手術と言って、頭蓋骨の一部を切り取り、動脈瘤の根元を小さな金属のクリップで止めるという従来の方法と、塞栓術と言って、頭を開けることなく脳の血管の中に細いカテーテルという管を入れて、動脈瘤の中にコイルという細い金属の糸の様なものを詰め込んで固める方法が有ります。

動脈瘤は誰にでもできる可能性がありますが、特に「家族にくも膜下出血を起こした人がいる方」は定期的に脳ドックを受けることをお勧めいたします。

脳梗塞は脳の血管が詰まって起きる病気ですが、食生活の欧米化に伴い頸動脈などの太い血管の内側にコレステロールが沈着した結果、脳への血液が悪くなって起きるタイプの脳梗塞が増えてきています。これも脳ドックによって簡単に見つけることが可能です。治療は、内膜剥離術と言ってコレステロールが貯まって厚くなった血管内側の壁を手術で取り除いて元通り広くする手術と、狭くなった血管の中にステントと呼ばれる金属のアミの様な物をいれて拡げる血管内手術を行っています。

当院ではこれらの手術と、血管の中から行う手術の両方が可能です。

当院の健康管理科にて脳ドックの検査を行っておりますので、ぜひご相談いただければと思います。

高齢化に伴う、くびや腰など背骨の変形、病気によって、脊髄が圧迫され、手足が動かしにくくなり、日常生活が困難となる人が増えてきています。これらの病気は脳卒中と違って、すぐに生命に関わると言うことは有りませんが、歩行が困難となったり、手が不自由になるなど高齢者が自立した生活をするのを困難とする原因となっています。脳神経外科ではこのような病気に対して、脊髄を圧迫している原因を取り除いて、症状を改善するという手術を行っています。背骨の病気で脳神経外科にかかるというと、不思議に思われるかもしれませんが、欧米では以前から脳神経外科がこの病気を治療してきています。

 

 

チカラを合せてチーム医療

脳血管障害を起こした患者さんは手足のマヒ・言葉の障害・ご飯をうまく飲み込めなくなる障害が起きるケースが多いです。作業療法士・言語療法士・理学療法士が身体の機能が落ちてしまった患者さんにリハビリテーションを行っています。当院では、これらの様々な職種が参加しているカンファレンスを定期的に行って「この患者さんはどのように治療するか」をあらゆる面から検討したりしています。

また脳血管障害では最初に神経内科を受診される方も多く、神経内科から「脳神経外科での治療が必要です」という紹介も頻繁にあるため、定期的に合同カンファレンスを行ってより良い治療を目指しています。

 

 

医療関係者へのメッセージ

当院では、救急医療に力を入れており、救急科を中心として様々な診療科が一人の患者さんを連携して治療することがスムーズにできています。例えば交通事故の患者さんに対して頭部の治療、腹部の治療、骨折の治療など包括的な対応が必要な場合でも、協力して治療できるのは当院の強みではないかと思います。さらに脳神経外科はいつどんなタイミングで起こるか分からない脳血管障害に備え、24時間対応で血管内手術やカテーテル治療をできる体制になっており、いざという時に地域の方々に頼っていただけるよう高度な治療を提供しています。

 

脊椎管狭窄症・頸椎症・椎間板ヘルニアは日本では従来整形外科的な病気と思われてきましたが、ヨーロッパやアメリカでは脳神経外科的な病気であります。腰痛の症状には整形外科的な病気ももちろん多くありますが、これに加えて手足がしびれる・うまく歩けない・ボタンが止められないなどの症状がある場合は脊髄や神経に何かしらの原因があると考えられます。当院では日本脊髄外科学会認定医が患者さんの治療にあたっておりますので、症状が該当する患者さんがみえましたら脳神経外科へご紹介ください。

 

医師の紹介

職名

氏名

資格取得年

資 格 名

部長

木村 雅昭

1983年

脳神経外科専門医
臨床研修指導医

鈴木  宰

1995年

脳神経外科専門医
脳神経血管内治療専門医
日本脳卒中学会専門医
臨床研修指導医

服部新之助

2001年

脳神経外科専門医
日本脊髄外科学会認定医
臨床研修指導医

医長 伊藤 祐一 2005年

日本旅行医学会認定医
日本脳神経外科学会専門医
臨床研修指導医

医師 福岡 俊樹 2008年  

医務嘱託

宮崎 素子

1975年

脳神経外科専門医
臨床研修指導医

外来医師担当表

医療活動に関する実績