ウェブマガジン「The Ekisai Times」

New Post|2024.02.14

病院のモノ

感染対策室 手指衛生キャンペーン

病院のモノ

感染対策室 手指衛生キャンペーン

感染対策室が院内職員向け手指衛生キャンペーン「手洗い動画」を作成しました

院内職員向け「手洗い動画」を作りました

当院では、感染対策室の発案&企画で院内職員向けに「手洗い」キャンペーンを実施しています。コロナの分類も下がり、世間の安心感や解放感をじっくり味わいたいところですが、病院の中では関係なく、感染対策との戦いは続いています。毎日忙しい業務に追われるなかであっても、安心安全の医療ケアを提供することができるように、感染対策の基本中の基本である「手洗い」は怠ることなく取り組んでいかなくてはなりません。

とはいえ、職員が一丸となって意識向上していくには工夫が必要…

という経緯で、感染対策室 横井師長の呼びかけで、いつか町中で毎日耳にした、とある発明家の歌を替え歌にして、手洗いの啓発動画を作成することになりました。

名古屋掖済会病院らしい心意気がつまった動画に

まずは院内全職員を対象にボーカルを募集しました。

いやいや、人前で歌うなんて奥ゆかしい職員の皆さんはなかなか手上げしてこないだろう…
という目論見は外れ、なんと7名もの方が応募してくださいました(自薦・他薦含む)。

みなさんの美声にびっくりしつつ、これは何とか形にしなくては…と焦りだす制作陣。

実は動画編集はほとんどやったことがなく、手探りで動画制作を進めました。
横井師長の熱意に引っ張られここまで来たけれどはたして大丈夫だろうか・・・?
手上げし歌ってくださった職員の皆さんの魅力を引き出せるだろうか・・・?
名古屋掖済会病院の職員らしい粋な心意気を目の当たりにして、プレッシャーが重くのしかかりました。

そんな裏方の不安を差し置いて、歌が録音できたとなれば次はダンスの撮影です。

歌詞に登場するあの部門この部門に「動画撮ろうよ!」と声をかけて回る横井師長。

感染対策室に所属するリンクナースをはじめ、リハビリテーション部、中央検査部、病歴管理室、当院を支えるさまざまな職種・部門がノリノリで参加してくれました。

そしてなんと北川院長と山口看護部長までもが、忙しいスケジュールを縫って動画に参加してくださいました。

文字通り病院の端から端までを巻き込んだ「手洗い動画」の作成となりました。

様々な方からのお力をいただき、初めての編集作業に四苦八苦しつつなんとか動画が完成しました…!!

動画のお披露目会にはテレビ局の方も取材にお越しいただきました。

動画の目的は院内職員向けのキャンペーンですが、みんなで楽しく作った動画ですので、少しでも当院の雰囲気が伝わればと思い、当HPでもアップさせていただいております。

手指衛生キャンペーン動画はこちらからご覧ください

新着トピックス