えきさいNEWS

  大規模災害総合防災訓練

令和元年10月31日(木)名古屋掖済会病院の大規模災害総合防災訓練に患者役として2学年が参加しました。
学生は、事前に設定された患者の疾病や症状を学習し、特殊メイクを行い、訓練に臨みました。患者役を通し、災害時の患者・家族の不安な気持ちを体験するとともに、看護師としてできることは何か考える機会となりました。
災害時における看護師としての役割を担うために、専門的な知識を身につける必要性を感じ、今後の学習への意欲が高まりました。