HOME病院のご案内受診のご案内入院・面会診療科・部門のご案内医療関係者の方へ採用情報

病院情報の公表

 

平成27年度 名古屋掖済会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1281 360 463 571 772 975 2159 2866 2103 541
平成27年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しております。
年齢は入院時の満年齢です。高齢化の影響で、60歳~80歳代が多く、60歳以上の患者さんが全体の約60%を占めています。東海地方で初めて認可された救急救急センターがあり、小児救急にも力を入れて取り組んでいますので、10歳未満の患者さんも多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)(手術・処置なし、副傷病名なし) 29 209 3.58 3.45 42.48
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 - - 2.54 - -
161070xxxxx01x 薬物中毒(その他の中毒)(手術・処置なし、副傷病名なし) - - 7.69 - -
当院では精神科としての入院はさせていません。
しかし、急性薬物中毒(多量服薬)や精神行動の障害のために当院を救急受診して入院となる患者様があります。
主に身体的治療のための救急入院です。こうした患者様については、入院後、通常の会話が出来るようになった時点で、精神科でも診療をしています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 403 17.88 14.34 12.41 75.7
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 185 3.03 3.29 0.54 68.74
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 123 16.16 13.38 0 69.91
当院では救命救急センターから入院される患者さんが多いため、肺炎を中心とした感染症が上位を占めます。しかし、肺がんや喘息、COPD、間質性肺疾患などの慢性疾患の診療にも力を入れています。愛知県指定の癌診療拠点病院でもあり、肺がんの患者さんは多くなっています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 73 9.16 10.93 2.74 75.7
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 61 9.39 11.00 4.92 65.61
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 54 8.69 7.91 1.85 62.15
当科で最も多い症例は、胆道結石症、胆道悪性腫瘍、胆管炎などの胆道疾患です。次が胃十二指腸潰瘍、大腸憩室症です。実際にはこれら以外の、悪性腫瘍も含めた上部・下部消化管、肝臓、膵臓疾患も多くみられ、消化器疾患を広い範囲で、まんべんなく診療しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 166 6.25 5.68 0 66.13
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 164 2.36 3.07 0 65.69
050130xx99000x 心不全 142 21.73 18.30 15.19 82.34
頻脈性不整脈は、心房細動(発作性、持続性、慢性)が最も多く、他には、発作性上室性頻拍、心房粗動、心房頻拍、心室頻拍があり、根治を目的とするカテーテル手術(アブレーション)目的の入院です。 狭心症、慢性虚血性心疾患は、冠動脈の狭窄や、慢性完全閉塞に対する冠動脈ステント留置術目的の入院です。 心不全入院も多く、心不全治療後に心臓リハビリを施行しているため、平均在院日数がやや多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 271 4.47 5.72 0 2.11
040100xxxxx00x 喘息 109 5.2 6.31 0 3.54
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 71 4.82 5.54 0 1.1
小児の代表的な急性感染症である急性肺炎は3日から5日の入院期間です。気管支喘息は3日から6日の入院期間です。小児やお母様のストレス・負担をなくすためできるだけ早く退院できるよう配慮しています。
RSV感染症は6ヶ月未満の比較的低年齢が多いため、あまり急ぎません。お母様に安心して頂くことが重要と考えています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xx0x 虫垂炎 97 5.26 5.56 0 32.56
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 61 9.44 9.17 0 71.36
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 49 23.37 17.41 6.12 71.69
当院は幅広い疾患を扱う総合病院であり、救急救命センターからの救急患者や愛知県指定癌診療連携病院として癌患者さんを多く診療しています。外科では緊急を要する腹部疾患等が患者数や手術数で数字上上位になっていますが、癌患者の診療にも重点をおいており高度な手術技量、周術期管理を必要とする患者さんや抗がん剤治療、癌緩和治療まで多くの患者さんを日常的に診療しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 160 25.32 28.70 76.88 81.28
160760xx97xx0x 前腕の骨折 98 8.54 5.7 3.06 51.94
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 84 3.4 4.37 0 30.42
近年の高齢者の増加は、骨粗鬆症に起因する骨脆弱性骨折の増加に反映しています。肩や手関節といった上肢の骨折の多くはギプスなどの固定による治療の適応ですが、大腿骨の近位部骨折では歩行ができなくなるため手術が必要となります。当科では年間230名以上の患者さんが股関節周辺骨折で救急搬送されてきます。ほとんどの患者さんは1週間以内に骨接合術または人工骨頭手術を行い、術後の合併症がなければ抜糸後にリハビリテーション病院に転院して自宅退院まで歩行訓練をしていただいています。
また、上肢の骨折でも利き手であったり、患者さんが介護要員であるなどの理由で長期間のギプス固定を望まない患者さんには積極的にプレート固定を行っており、数日間の入院リハビリ後は通院リハビリを行い術後平均6週間程度で元の状態近くまで回復しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし、副傷病名なし) 93 12.9 7.52 18.28 47.51
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術あり、副傷病名なし) 58 16.64 10.02 13.79 71.48
010070xx97x00x 脳血管障害 21 12.95 12.14 0 71.95
当院は救急医療に力を入れており、24時間体制で頭頸部外傷と、脳卒中の患者様の入院を受入れています。これらの病気に対する緊急手術も積極的に行っています。 救急科をはじめとして、整形外科、外科、心臓血管外科、口腔外科、耳鼻科、眼科、麻酔科などとの協力の下で多発外傷にも対応しているのが当院の特徴です。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 徐脈性不整脈 18 3.5 11.76 5.56 74.67
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 11 37 25.69 0 62.55
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 11 16.27 18.04 0 69.45
心臓手術(狭心症、心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術や、弁膜症に対する弁形成や弁置換術)、胸部大動脈疾患(大動脈瘤や急性解離)、さらに腹部大動脈瘤に対する人工血管置換やステントグラフト内挿術。四肢末梢に対する手術も施行しています。最近では愛知県全域から緊急手術の依頼されることも多く、体制を整え緊急対応できるようにしています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 32 5.41 6.50 0 34.63
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 26 9.62 9.94 0 30.31
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 23 10.96 10.18 0 45.52
良性腫瘍では卵巣で約50%、子宮で約25%は腹腔鏡下で手術を行っています。入院期間は通常、卵巣で5日間、子宮で8日間です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 2 2 3.54 0 85
020130xxxxxxxx 原田病 1 14 16.78 0 64
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 1 3 3.43 0 3
眼科では手術のために入院される方がほとんどです。包括医療支払制度(DPC)の対象とはならないため上記には含まれていませんが、実際には白内障の治療のための入院が最多です。その他、眼瞼等の外眼部手術やぶどう膜炎の治療も入院で行うことがあります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 45 6.44 5.53 0 39.73
030400xx99xxxx 前庭機能障害 41 6.46 5.31 0 71.9
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 23 9.22 7.76 4.35 58.7
扁桃・アデノイド肥大や慢性鼻副鼻腔炎の手術目的の症例や急性扁桃炎~扁桃周囲膿瘍、また、めまいによる症状が強く入院となる患者様が多いです。年に数例ですが、咽頭浮腫、深頸部膿瘍まで進行して緊急手術・ICV管理が必要となるような方もみえます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 165 17.79 15.80 35.76 73.62
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 108 20.8 18.08 54.63 68.9
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 59 22.73 19.32 67.8 68.97
神経内科では脳卒中の内,虚血性脳卒中と手術適応のない脳出血を取り扱っております。入院症例はほとんど、発症3日以内の症例です。脳卒中連携パスを用い在宅復帰を目標に回復期リハビリテーション病院に転院をする症例が多く、在院日数が全国平均より2日ほど長くなっておりますが、連携を推進しております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 28 13.68 11.97 7.14 71.43
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 19 1.89 3.71 0 39.42
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 8.83 8.97 0 62.33
蜂窩織炎を主とする急性膿皮症の患者様が多く治療されます。帯状疱疹は市販薬が効果的になった事もあり、入院数は減少しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 93 13.38 12.60 5.38 67.68
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 38 7.79 7.59 0 77.39
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 29 2.17 2.89 0 59.83
急性期病院、救急病院の性格からか、圧倒的に急性尿路感染症の疾患を持つ患者様が多く入院されます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(手術なし、透析あり、副傷病名なし) 18 17.89 15.39 11.11 66
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(手術なし、透析なし、副傷病名なし) 17 20.06 13.64 17.65 81.06
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 17 15.82 12.60 5.88 68.76
透析患者様の入院数が増加しています。合併症のある患者様の受入れも積極的に行っています。
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 106 17.44 15.35 0 63.29
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 18 16.17 12.60 16.67 69.78
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 17 15.76 10.28 11.76 73.59
当科の入院数の第一位は2型糖尿病です。救急経由の患者様、近隣の医療機関からのHbA1c値の高い患者様、複数の合併症を抱えておられる患者様が多数を占めており、この結果、入院期間がやや長くなっております。 第二位は、尿路感染症です。糖尿病を基盤として発症した重症感染症の多くを当科で受け持っているためと考えられます。 第三位は、低ナトリウム血症、低カリウム血症、高カルシウム血症などのいわゆる電解質異常です。下垂体、副腎、甲状腺、副甲状腺などの内分泌臓器の機能障害が原因になっている可能性があるため、当科で担当しています。 当院では、意識障害を来され、救急搬送された重症の電解質異常の患者様が多く、入院期間が長くなっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫(手術なし、リツキシマブあり、副傷病名なし) 30 28.6 17.69 3.33 71.73
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫(手術なし、化療あり放射線なし、副傷病名なし) 8 88.75 18.19 12.5 69
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の 腎臓または尿路の感染症 6 14.5 12.60 0 74.33
悪性リンパ腫は手術は、手術は行わず化学療法や抗体療法(リツキシマブ)で治療をします。3~4週間の入院が多いですが、年齢やお体の状態により入院期間が長くなります。 多発性骨髄腫は、新規薬の登場で外来で治療をすることが増えましたが、お体の状態によって入院で行うこともあります。骨髄異形成症候群はビダーザという抗がん剤が有効な場合があります。通院治療が可能ですが、安全のため、初回は入院で導入します。また、輸血を行うこともあります。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110060xx99x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 1 32 8.90 0 84
120010xx97x00x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 1 33 11.93 0 65
緩和医療科ではがんの積極的治療が困難となった患者様が抱えるさまざまな痛みや不快な症状、苦悩、経済的社会的な悩みを緩和し、その人らしく生きる手助けを行っています。肺癌や、消化器系癌、婦人科系癌泌尿器科系癌など幅広い癌の種類の患者様に対応しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 15 16 101 15 28 1 6,7
大腸癌 24 34 40 68 21 100 1 6,7
乳癌 24 33 6 0 3 13 1 6,7
肺癌 25 9 70 132 95 97 1 6,7
肝癌 7 13 5 10 11 30 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、国際対がん連合(UICC)によって定められた分類で、①原発巣の大きさ進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリーにより、がんの病期をⅠ期からⅣ期の4病期(ステージ)に分類するものです。上図は、H27年度に退院した患者さんを集計したもので、「不明」は、がんやがん以外の併存する重篤な疾患のために精査を見合わせていたり、集計の段階で診断途中の症例が含まれています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 50 13.68 53.56
重症度 1 164 16.81 75.76
重症度 2 138 19.04 81.01
重症度 3 69 27.35 82.38
重症度 4 13 19.77 84.31
重症度 5 4 25 89.5
不明 4 13 67.75
成人(20歳以上)の市中肺炎につき重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことです。 重症度は数字が大きくなる程、重症度が増します。軽症の患者さんは平均年齢が50歳代ですが、重症度が高くなると80歳代の高齢者が多くなり、平均在院日数も長くなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 41 9.24 70.22 2.22
その他 4 7.5 79.5 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 367 22.97 73.4 47.24
その他 31 18.19 74.32 3.02
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 5 53 74 2.86
その他 30 9.87 69.43 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 17 64 50
その他 1 9 72 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 35 9 0
その他 1 1 1 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞に関して、発症3日以内、以降 病型別に統計を取っております。脳梗塞3日以内の症例が多く、地域連携を推進しており、回復期リハビリテーションへの転院などが約半数を閉めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 91 1.82 11.3 3.3 79.36
K654 内視鏡的消化管止血術<胃> 75 0.24 9.33 6.67 67.12
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 37 3.35 3.41 0 66.51
当科では急性胆管炎、閉塞性黄疸、上部・下部消化管出血で来院される緊急症例が多いため、十二指腸乳頭切開術・拡張術を併用した内視鏡的胆管ステント留置術、採石術や、クリップを用いた内視鏡的止血術を多く行っています。また上部・下部消化管内視鏡治療、肝癌に対する経皮的ラジオ波焼灼療法、肝動脈カテーテル治療も多く行っています。膵石破砕治療もH29年度導入を目指して準備中です。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 150 1.52 4.7 0 67.16
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 66 2.5 3.36 0 69.27
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 42 0.02 17.86 4.76 66.17
心房細動(発作性、持続性、慢性)の根治を目的とする経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)は、心房中隔穿刺で行います。症例数が多いので、その手術件数が最も多くなっています。狭心症や急性心筋梗塞に対するステント留置術を超えるほどの数になっています。この他にも下肢の動脈閉塞や狭窄に対するステント留置術も行っています。徐脈性不整脈に対するペースメーカー植込や、致死性不整脈に対する植え込み型除細動器植込術、心不全に対する両心室ペースメーカ-植込も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 122 1 3.69 0 61.48
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 94 6 6.36 0 61.52
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 73 0.22 4.48 0 34.49
当院は幅広い疾患を扱う総合病院であり、救急救命センターからの救急患者や愛知県指定癌診療連携病院として癌患者さんを多く診療しています。外科では緊急を要する腹部疾患等が患者数や手術数で数字上上位になっていますが、癌患者の診療にも重点をおいており高度な手術技量、周術期管理を必要とする患者さんや抗がん剤治療、癌緩和治療まで多くの患者さんを日常的に診療しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)<内固定を行なう> 135 2044 19.99 62.96 78.48
K0462 骨折観血的手術(前腕) 86 1.02 14.23 12.79 54.51
K0731 関節内骨折観血的手術(股)<内固定を行なう> 73 1.47 15.79 41.1 63.45
当院は救急医療に力を入れており、整形外科も四肢の外傷治療を中心に診療しています。当科は年間1,750~1,800件の手術を行っていますが、そのうち8割を占めるのが四肢の外傷で、中でも多いのはやはり骨折です。近年の超高齢社会を反映して高齢者の大腿骨近位部の骨脆弱性骨折が最多で骨接合術と人工骨頭手術を合わせると年間の手術患者数は200名以上となっています。術後は合併症がなければリハビリテーション病院に転院して自宅退院まで歩行訓練をしていただきます。 また、高齢者では転倒した際に手をついて生じる橈骨遠位端骨折も多く、年間90名近くの患者さんがプレートによる固定術を受けられています。手術は上肢・下肢とも開放骨折は当日に緊急手術を行いますが、開放骨折でない場合でもできるだけ早期に手術しています。 循環器内科や呼吸器内科的な持病のある患者さんや血液の抗凝固剤を服用中の患者さんでは内科専門医の協力の下に手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 51 1.63 20.2 25.49 78.39
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 20 7.85 13.1 10 74
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 2.4 22 13.33 61.13
手術に関しては、転倒後1~3ヶ月ほど経過してから、徐々に頭の中に血液が貯留してくる、慢性硬膜下血腫に対する手術が一番多いです。 さらに、頸動脈が動脈硬化で細くなってきて、脳梗塞を起こした患者様、あるいは今後、脳梗塞を起こす可能性が高いと思われる患者様に対して、『ステント』を呼ばれる網状の金属の筒を入れて頸動脈を広げる手術(血管内手術)を積極的に行っています。 また、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対して、頭を開くことなくカテーテルを用いて破裂しないように処置を行う手術(血管内手術)を行っています。 くも膜下出血を起こしてしまった患者様に対しては、先程の血管内手術だけでなく、開頭術で頭蓋骨内の出血を除去するとともに、出血の原因となった脳動脈瘤を再破裂しないように『クリップ』という金具をかけてくる手術を行っています。 頚椎症、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの様々な脊髄疾患についても積極的に治療を行っています。転倒、転落や交通事故による脊椎骨折、脊椎損傷に対しても24時間体制で治療を行っています。 脳腫瘍に関しても患者様の状態に応じて、放射線治療、開頭手術などを使い分けて迅速な治療を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)<4又はそれ以上> 16 5.63 19.56 0 64.94
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) 11 3.36 12.36 0 69.45
K597-2 ペースメーカー交換術(電池交換を含む) 11 0.91 1.55 9.09 78.82
心臓手術(狭心症、心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術や、弁膜症に対する弁形成や弁置換術)、胸部大動脈疾患(大動脈瘤や急性解離)、さらに腹部大動脈瘤に対する人工血管置換やステントグラフト内挿術。四肢末梢に対する手術も施行しています。最近では愛知県全域から緊急手術の依頼されることも多く、体制を整え緊急対応できるようにしています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 36 3.11 7.53 0 31.19
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 34 0.94 3.44 0 34.5
K867 子宮頸部(腟部)切除術 27 1 1.07 0 43.78
分娩数は年間約300件で、およそ20%の方が帝王切開術で分娩しています。入院期間は術後7日間です。 卵巣の良性腫瘍は年間約60件手術しており、50%くらいが腹腔鏡下手術です。入院期間は通常5日間です。 子宮頸部異形成に対して、高周波メスを用いた子宮頸部円錐切除術(部分切除)を行っています。入院期間は通常3日間です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 157 0 1.97 0 75.99
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 2 0 1 0 85
K214 霰粒腫摘出術 1 1 1 0 3
眼科の手術で最も多いのは白内障手術です。当院では日帰りの手術にも対応していますが、入院の場合は片眼ごとに2泊3日(手術当日に入院し、術後2日目に退院)の入院をしていただいています。その他、霰粒腫切開など外眼部小手術も行っていますが、主に通院治療で行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
Kコード 口蓋扁桃手術(摘出) 26 1.15 7.42 0 16.38
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 14 0.14 5.57 0 38.86
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 1.38 7.62 0 60.85
扁桃周囲膿瘍による切開排膿、喉頭蓋炎による呼吸苦症状出現にての気管切開術が緊急手術では多く、予定手術では口蓋・扁桃・アデノイドの手術、内視鏡下にて副鼻腔の手術が多くなっています。パスを使用し早期退院できるように対応しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 40 2.95 7.38 0 77.18
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 29 0 1.17 0 59.83
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 18 1.56 12.17 0 75.83
上記の疾患に付随して尿路結石を伴う患者も多く、重症化しているため、経尿道的尿管ステント留置術の症例数が多くなっています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 24 6.38 7.04 4.17 66.29
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 10 3.3 1.9 0 72
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 8 14.5 29.25 37.5 66.63
透析患者様のシャントトラブルに対し、手術またはカテーテル治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 12 0.1
異なる 32 0.26
180010 敗血症 同一 90 0.74
異なる 41 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 3 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 61 0.5
異なる 3 0.02
播種性血管内凝固症候群及び敗血症は入院の契機となった病名と同一性の有無を区別して、患者数、発生率を示しております。感染症、合併症は患者さんの状態により様々な発生率を示しますが、臨床上全くなくすことは困難でありますが,パスなどの使用によりリスク管理を行い細心の注意を払い対応しております。
更新履歴
2016年9月30日
掲載